大注目しているレーシックNAVIGATION

大注目しているレーシックNAVIGATION

「大注目しているレーシックNAVIGATION」ではとってもわかりやすくレーシックに関する情報をお届けしています。
見逃すことのできないお役立ち情報を是非参考にしてみてください。レーシックで視力の回復をすることが出来たら時、貴方の日常生活に大きな変化が訪れることでしょう。
裸眼で街中を歩いたり、テレビを観ることの出来る喜びというのは、きっと誰もが幸せに感じるハズです。

 

メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。

 

現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。

 



大注目しているレーシックNAVIGATIONブログ:2018年11月15日
僕は人に近づくことがすごく苦手なタイプです。
小さい頃から仲間を作ることが苦手でしたし、
転校など環境が変わるといつも孤立してしまいました。

好きな人が出来ても近づけない…
彼女に上手く自分を表現できない…
会社の上司にも距離を感じてしまう…
大人になれば父母とも何かしら距離を感じる様になる…

どうして僕は
いつもいつも人との距離に悩み苦しんでいるんだろう?
どうして人と人の間には距離が出来てしまうんだろう?

そんな僕には
現在二歳になるむすこがいます。
むすこにも近所の仲間や
公園での仲間が出来てきました。

だけど彼らを見ていると
人と人との距離なんて、感じている様は見えません。
もちろん僕や奥さんに対しても、いつもあるがままでいます。

父やママだけでなく
道で出会う見知らぬおばさんにも微笑みかけています。
むすこはまだ人との距離をちっとも感じずに暮らしているのです。

ずーっと昔の自分を思い返せば、
僕にもそんな時代があったような気がします。

ママに連れられ街を歩いていても、
電車に乗っても、バスに乗っても、
周りの大人は皆んな優しく微笑みかけてくれている。
そんな風に感じていた頃がありました。

何か困った事があったら誰かが助けてくれるし、
泣いていたら誰かが駆けつけてくれる。
デパートの店員さんはいつも笑っている。

その頃、僕は周りの誰とも距離を、
感じてなかったように思います。
どこに行っても
ありのままの自分でいられた様に思います。

そして街にも電車の中にもお店の中にも、
優しい人しかいない様に感じて生きていました。

でも…
大人になった今、街角はおろか、
一緒に暮らしている大切な奥さんやむすこにも
距離を感じることすらあります。

なぜなんでしょう?


大注目しているレーシックNAVIGATION モバイルはこちら