レーシックの手術方法を頭に入れておこう

レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。

 

実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。



レーシックの手術方法を頭に入れておこうブログ:2018年09月30日

昨日は久々にぐっすりねれました。

ダイエットをしていると、
頑張ってもなかなか体重が減らなくなる、
停滞期というものに出くわします。

それまでは順調に体重が減っていたので、
どうしてもやる気が下がってきてしまうもんです。

ダイエットを失敗する大半の人がこの時期に、
自暴自棄になり、やけ食いをしてしまったり、
ダイエットを諦めてしまって、
せっかくの努力を水の泡にしてしまうんですよね。

でもね、
停滞期もいずれは終わるんですよ!
そして、また体重が減り始めるんです!
つまり、この時期をいかにして乗り切るかが
ダイエット成功への鍵となるわけなんですね!

停滞期を上手く乗り切るために、
ぼくは、何か楽しいことに没頭するようにしています。

ダイエット以外のことに没頭して、
停滞期のことを忘れることが出来れば
イライラせずに楽しく過ごせますよ!

停滞期が終わるのを何もせずに待っていると
まだかな、まだかな…と焦って、
一日一日が長く感じてしまいますからね。

もし何も没頭するものが無い、
見つからないというのであれば、
ファッション誌を見ることをお勧めします。

ダイエットに成功して、
痩せたらこんな服着たいなとか、
こんな髪型したいなとか、
想像するだけで楽しくなりますよ。

それに、
ダイエットに対するやる気も一段と強くなりますよ!

停滞期は、体が痩せるための準備期間なんです。
停滞期があるからこそ、
健康的なダイエットができるんです。

この時期を乗り切れば、
ダイエットは次のステップに進みます。

停滞期を乗り切るコツは、決して諦めないことです。
ダイエットのことを忘れられるような、
没頭できることを探して、
上手に、楽しく停滞期を乗り切りましょうね!

どんとはれ