レーシックの手術方法を頭に入れておこう

レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。

 

実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。



レーシックの手術方法を頭に入れておこうブログ:2018年04月15日

大人と息子とでは
炭水化物に対する重要度に違いがある。

大人にとっては炭水化物は必要量だけでいいのだが、
息子にとってはその必要量に加えて、
脳や筋肉を作るために余計に取って行かねばならない。

だから
大人が食べる穀物の量と、
息子が食べる穀物の量は、決定的に違うのである。

息子のご飯においては
穀物の割合を6割にすべきである。

それだけ大量に食べさせるからこそ、
成長のために充分な炭水化物を確保できるのであり、
順調に成長して行くことができる。

息子が摂取する穀物の多さこそ、
息子の脳の発達を促すことになるのだ。

母としては、
息子の栄養のことを考えて、
あれやこれやとおかずを作ってしまうものだが、
母が大量におかずを作ってしまうと、
息子は穀物をあまり食べなくなってしまう。

裕福な家はどうしてもおかずの量が増えるために、
穀物の消費量が減少してしまい、
それでバカな息子が育ってしまうのである。

息子には日本の伝統的なご飯で充分。
ご飯に味噌汁、それにメインとなるおかずが1品に
糠漬けで充分なのである。

休日にはおかずをもう少し増やして、
メリハリをつけても良いが、
いつも豪勢なご飯を出していては、
息子はバカになるだけ…

息子というのは
とにかく動き回っているものだし、
人がいてもいなくても喋りまくっているもの。

それだけからだも脳も使っているということであって、
大人よりも穀物を必要する割合は非常に多いのである。

大人は息子みたいに動かないし、喋りもしない。
だから穀物の消費量を抑えてもいいのだが、
息子はそうはいかないのである。