日本で行われてきたレーシック実績

日本で行われてきたレーシック実績


日本で行われてきたレーシック実績
レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。




日本で行われてきたレーシック実績ブログ:2018年10月15日

いろいろな減量法が流行っていますが、
読者様は
「グレープフルーツ減量」って知ってますか?

グレープフルーツ減量の具体的な方法は…

6時…グレープフルーツを1個食べ、そのあとに豆乳をコップ1杯飲む。
足りなければ生野菜(野菜サラダなど)を食べる。
昼…普通の食べる事をする。
23時…グレープフルーツを1個食べ、そのあとに豆乳をコップ1杯飲む。
生野菜(野菜サラダなど)を食べ、足りなければ肉や魚を食べてもよい。

このように一日3食きっちり食べる
健康的な減量法です。

グレープフルーツには
苦味成分の「ナリンギン」、
香り成分の「ヌートカン」「リモネン」が含まれていて、
それぞれ効能が異なります。

ナリンギンには食欲を抑えて満腹感が得られる効果、
ヌートカンにはエネルギーを消費しやすいからだにしてくれる作用や
脂肪を燃焼する成分を作り出す効果があるといわれてます。
さらに、リモネンは精神をリラックスさせ、血行の促進に効果があるようです。

また、グレープフルーツは
他のフルーツとくらべると、果糖・ブドウ糖などの糖類が少なく、
カリウム・ビタミンC・ビタミンB群が多く含まれています。

中でもカリウムはからだにたまった余計な水分を
からだの外に排出してくれるので、
水分の代謝がよくなり減量に役立ちます。

このように、
グレープフルーツには
減量に向いている栄養素がたくさん含まれています。

もちろんグレープフルーツだけを食べていては、
栄養が偏ってしまうので注意が必要ですが、
減量の手助けをしてくれる食べ物と言えますね。



日本で行われてきたレーシック実績

日本で行われてきたレーシック実績

★メニュー

安全性が認められているレーシック手術
100%失敗しないというワケではない
レーシックの手術方法を頭に入れておこう
レーシックのサポート体制が整っている病院
レーシック手術はお得になる
大切なのはレーシック手術の経験数
もうコンタクトレンズがいらなくなる
レーシックってどのような治療法なのでしょうか?
日本で行われてきたレーシック実績
レーシックは保険金が給付されることもある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)大注目しているレーシックNAVIGATION