もうコンタクトレンズがいらなくなる

もうコンタクトレンズがいらなくなる



もうコンタクトレンズがいらなくなるブログ:2016年09月29日


果物を利用した減量法って、
色々とありますよね。

一種類の果物だけを食べる減量法ではなく、
果物全般を食べるようにしていけば、
飽きる事なく継続することができると思います。

みなさんも、小腹が空いた時やおやつの時間などに、
おやつをつまむのではなく、
果物を食べるようにしてみてはいかがでしょうか?

果物って、甘い割にカロリーは低いんですよね。
それに、水分を多く含んでいるので、
少しの量でも腹が満足します。

さらに、果物には食物繊維も多く含まれていますし、
利尿作用のあるカリウムや
脂質燃焼を促すビタミン群も多く含まれています。

このように果物には、
様々な栄養素が含まれていますから、
おやつやショートケーキなどを食べるのであれば、
果物を食べた方が、
減量にも体質にも良いですよね。

だからといって、食べ過ぎては意味がありません。
カロリーが低いといわれている食べ物であっても、
食べ過ぎては太ってしまいますから…

なので、
食べる量と食べる時間を考えて、
果物を摂取するようにしましょう!

食べる時間としては、
やはり10時食に食べるのが一番良いみたいです。

なぜかといいますと、
果物には果糖が含まれていますので、
摂取し過ぎると中性脂肪になりやすくなってしまいます。
でも、果物を10時に食べて、
24時間の生活によって消費されれば何の問題もありません。

13時でも、大量に食べなければ大丈夫でしょう。
しかし、23時に果物を食べるのは控えた方が無難です。

もちろん、食べてはいけないわけではありませんが、
食べるのであれば寝る前ではなく、
寝る二時間~3時間前に食べるようにしましょう!

もうコンタクトレンズがいらなくなる

もうコンタクトレンズがいらなくなる

★メニュー

安全性が認められているレーシック手術
100%失敗しないというワケではない
レーシックの手術方法を頭に入れておこう
レーシックのサポート体制が整っている病院
レーシック手術はお得になる
大切なのはレーシック手術の経験数
もうコンタクトレンズがいらなくなる
レーシックってどのような治療法なのでしょうか?
日本で行われてきたレーシック実績
レーシックは保険金が給付されることもある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)大注目しているレーシックNAVIGATION