もうコンタクトレンズがいらなくなる

もうコンタクトレンズがいらなくなる



もうコンタクトレンズがいらなくなるブログ:2016年11月05日


わし達夫婦は、結婚してから7年間、
努力はしていましたが子どもができませんでした。

はじめのうちは話をふってきたお互いの両親も、
段々と子どもの話題を
わし達の前で出さないようになっていきました。

当時のわしは、実のところ、
子どもが欲しいと思っていませんでした。

小さい子どもをどう扱っていいかわからなかったし、
何より、子どもが生まれると
自分や夫婦の時間が割かれてしまう、
自由が奪われてしまうのではないかとも思っていました。

でも、よく考えてみると…
子どもが欲しくないという思いの下には、
別の感情が隠されていたのです。
それは、自分のことが大嫌いだということでした。

小さい頃、忙しかった両親には
わし達子どもの面倒をみる余裕がありませんでした。

それを子ども心に
「両親に愛されていないわしは、愛するに値しない存在だ」と
勘違いしてしまっていたのです。

けれどもそれは本当に大きな誤解でした。
子どもを愛さない両親はいない。

そこにはしかたのない事情があったのかもしれない…
という、ものの見方が出来るようになったのです。

愛していなかったのではなく、
仕事の忙しさのために仕方のなかったことだった。

それどころか、
子ども達の幸せのために身を削って働いてくれていたのだ!

その時、
生まれてはじめて、
自分の子どもがいてもいいんだ!と
思えたのです。

すると、まさにその月のことです。
子どもを妊娠したと奥さんから報告を受けたのは…

奥さんは電話口で泣いていました。
今振り返れば、奥さんもまた、わしと同じように自分を責めていて、
わしの思いは知らぬ間に奥さんの中に伝わり、
夫婦の間にも愛というつながりが生まれたのだと思います。

もうコンタクトレンズがいらなくなる

もうコンタクトレンズがいらなくなる

★メニュー

安全性が認められているレーシック手術
100%失敗しないというワケではない
レーシックの手術方法を頭に入れておこう
レーシックのサポート体制が整っている病院
レーシック手術はお得になる
大切なのはレーシック手術の経験数
もうコンタクトレンズがいらなくなる
レーシックってどのような治療法なのでしょうか?
日本で行われてきたレーシック実績
レーシックは保険金が給付されることもある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)大注目しているレーシックNAVIGATION