もうコンタクトレンズがいらなくなる

もうコンタクトレンズがいらなくなる



もうコンタクトレンズがいらなくなるブログ:2018年06月20日


わしのママは現在72歳、
あちこち体質にガタもきている。
色白だった肌にはシミができ、鏡を見てはため息をつく…

歯を何本か入れ歯にしたときは
「年をとるって嫌だね。こんなに醜くなって、
もう特別楽しみもないからそんなに長生きしなくていい」
というのが口癖になった。

ある日のこと、
わしの仲間が家に来て、
ママの作ったケーキを食べながら歓談した。

仲間が
「おばさん、本当におかし作りが上手ですよね。
おかし作り教室なんて開いたらいいのに」
と冗談めかして言った。

わしは「それはいい考えだ」と思い、
近所の人を集めておかし作りをすることを
ママに勧めた。

それから一ヶ月に2回、
ママは近所の主婦を集めておかし作りを始めた。

材料費以外は取らないボランティアの教室だが、
集まる主婦たちが大喜びで帰っていく…

その姿をうれしそうに眺めるママは
「何も楽しみがない」と言っていたのがうそのように輝いて見えた。

「誰かの役に立ってる」「自分のしたことで人に喜んでもらえる」
という喜びがママをこんなにも輝かせているのだろう。

人間は、どんな状況下にあれ
何かの役に立つ喜びというのを感じるのだろう。

小さなお子さんであってもママから
「ありがとう、助かったわ」と言われると満面の笑顔で喜ぶし、
たとえあした死ぬかもしれない状況でも、
他に役立つことが「生きる支え」になることもあると思う。

がむしゃらに働いてきたサラリーマンがふと
「自分は誰からも必要とされていない」と感じたとき、
自分を犠牲にしてお子さんたちを必死で育ててきたママが
「もうお子さんは自分の手から離れてしまった」と感じたとき、
まさに「老い」を感じる瞬間ではないだろうか。




もうコンタクトレンズがいらなくなる

もうコンタクトレンズがいらなくなる

★メニュー

安全性が認められているレーシック手術
100%失敗しないというワケではない
レーシックの手術方法を頭に入れておこう
レーシックのサポート体制が整っている病院
レーシック手術はお得になる
大切なのはレーシック手術の経験数
もうコンタクトレンズがいらなくなる
レーシックってどのような治療法なのでしょうか?
日本で行われてきたレーシック実績
レーシックは保険金が給付されることもある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)大注目しているレーシックNAVIGATION