100%失敗しないというワケではない

100%失敗しないというワケではない


100%失敗しないというワケではない
レーシックで視力を回復することが出来た人達は、手術前に自分自身でよく下調べをしているものです。
しかし感染症にかかってしまったりして失敗してしまった人達の多くは、自分自身での下調べをしてなかったことがよくあるのです。 「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません。
人の手で手術が行われている以上、ミスを起こしてしまうことが考えられるので万が一のことを考えてよく下調べしておきましょう。

まずは病院で起こった合併症や感染症の感染率を事前に必ず確認をしておきましょう。
もしその時に、レーシックを受ける候補に入れていた病院で発生率が高かった時には、別の病院を利用するようにしましょう。




100%失敗しないというワケではないブログ:2018年06月21日

去年の初め頃、
「とにかく今から行くから」とお母さんからメール。

結婚してからあまり顔を見せていなかったけど、
何かお母さんの様子がいつもと違う…

その少し前にも
私が勤務する旅行会社の窓口に突然パパが現れ
「たまには帰ってこい」
そう言って帰って行った。

だけど、私は「ま、いっか」と
そんなに気に留めずにいた…

メールを受け取ってから30分後、
ちらし寿司とチーズケーキを持って
お母さんがやってきた。

他愛ない会話をし、いつも通りの明るいお茶目なお母さん。
そんなお母さんと話をしているうちに、
急いで私に会いに来た理由を聞くのも忘れて
私は畳の上にごろんと寝転がってくつろいだ。

…と、その時お母さんが
「実は言っておかなアカン事があるの」
と切り出した。

怖くて聞きたくないけど、聞きたい。
私は語気を荒げてお母さんを急かした。
「何?どうしたん?何よ?」

「実はね、お母さん癌になってしまってん。
でもちゃんと治療するし、大丈夫やから心配せんといてね」

私は、一瞬理解が出来なかった。

しばらくして
「お母さん、死なんといて」と
私は泣きじゃくってしまった。

「大丈夫!大丈夫!」とお母さんは笑う。
ショックなはずなのにいつもと変わらず笑っている。
「驚かせてごめんね」と言いながら…

あれから一年…
お母さんは辛い抗がん剤治療と手術を乗り越え、
今2ヶ月になる私の息子を抱いている。

元気になってくれてありがとう!
おばあちゃんになってくれてありがとう!

私もお母さんになり、
あの時泣きじゃくった私の前で大丈夫と笑った、
強いお母さんの気持ちが今は少しわかる気がする。
100%失敗しないというワケではない

100%失敗しないというワケではない

★メニュー

安全性が認められているレーシック手術
100%失敗しないというワケではない
レーシックの手術方法を頭に入れておこう
レーシックのサポート体制が整っている病院
レーシック手術はお得になる
大切なのはレーシック手術の経験数
もうコンタクトレンズがいらなくなる
レーシックってどのような治療法なのでしょうか?
日本で行われてきたレーシック実績
レーシックは保険金が給付されることもある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)大注目しているレーシックNAVIGATION